山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 今年も江戸東京博物館で催された上記の特別展に行ってきました。
旧石器時代の約2万年まえより、縄文時代の約5500年前の黒浜貝塚(埼玉県蓮田市)などや、弥生時代の約2500~1800年前の唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町)、古墳時代の纏向遺跡(約1800年~1700)前などの出土品が多数展示されており、往時の農業や銅鐸を作った鋳型など、分り易く展示されていました。
 特に私の興味を惹いたのは、縄文時代の黒浜貝塚であり、埼玉県の中央部の蓮田市に海の貝塚があつた事です。今より約5500年前は、今より温暖で2・3度高温であり、地球全体が温暖化で海水面は今より3~5メートル高く、埼玉県の内陸部まで海水が入り込み、現在の海岸線より30~40km内陸まで海が来ていたことです。
縄文の典型的な集落跡の青森県三内丸山遺もその頃は海に面していたことは、今では全く内陸部にある場所では想像がつきません。
d0059661_23251147.jpg

 また、奈良の唐古・鍵遺跡は環濠集落であり、2000世帯もの家が近くにあったということは、弥生の大集落、大都市とも言えるものであとたとも考えられます。銅鐸や銅かが作られていたことも分かっています。
 古墳時代の埴輪が赤土山古墳(奈良県天理市)よりは、埋めたままの埴輪が、地震で崩れたままの姿で発掘されています。
埴輪の中には鳥の物があり。親鳥が子連れの姿で出土した珍しい物も展示されておりました。暑い1日でしたが熱心に見学してまいりました。
[PR]
by minoru_mogi | 2010-07-25 23:25 | 随想 | Trackback | Comments(0)

しおれたホウセンカ No294

 今日よりいよいよ関東地方も梅雨明けとなった。
小学校と幼稚園に面した道路の歩道沿いの街路樹の下に、今年もホウセンカを育てている。
昨年は家で育成したホウセンカを移植したので、根が十分に張らず晴天の夕方には水切れを起こして、犬の散歩の折に2リットルのペットボトルの水を撒いて夏を過ごさせた。
今年は種よりその土地で育てたので、よく根が張って大丈夫とと思ったが、夕方に行って見るとやはりしおれていた。
d0059661_22295848.jpg

そこで、明日よりは水遣りを昨年と同様にやることにした。しかし、その花の周りは雑草が茂ってきて大変見苦しい。その道沿いの雑草を取ろうと思うが、昨年は一緒にやってくれた
近所の年配の女性が、先日会ったところ、今年は体の具合が悪く入院もしたとの話である。
今年は私一人でその街路樹まわりの雑草をとることにしたが、とても4・5日やっても出来る量ではない。明後日からかかろうと思うが近所に人が誰か手伝ってくれないものかと思う。
草取りをしていると「ご苦労さま」と声をかけてくれる人までは時折いるが、一緒にお手伝いしましょうという人はなかなか出てこない。
是非とも応援を得て町内を花で美しくしたいものと思っている。
[PR]
by minoru_mogi | 2010-07-17 22:31 | 随想 | Trackback | Comments(0)
 今月の7月2日から10日間、オーストラリアのシドニーに行ってきました。
末娘の初めての出産があり、家内と共に産後の生活の手伝いもあり、家内は1ヶ月を超える滞在です。出産予定日まで少し余裕が有ったので、シドニーを良く見て回りました。
先ず、シドニー湾を高速遊覧船で1時間半ほどの巡航を経験しました。真冬のシドニーですが、日本の気候ですと11月の末から12月始めというところです。
d0059661_21593791.jpg

湾内を巡航すると実に沢山のヨットが出ています。丁度日曜日の晴れの日とあって、外洋を航行出来る大型ヨットが100隻以上数えられる程です。
オーストラリア人は海洋民族の素質があり海が大好きな人が多いと聞いています。市街地の中心部を背景として沢山の艇が帆走していました。
別の日には植物園を見てきました。実に広大な園で、芝生が広く広がっており大樹が沢山あります。また、ジョギングをしている人が何百人もおり、海沿いの芝生の中を走ってゆきます。
時期が冬であるので植物園の花が少なく、ちょっと物足りない感じがしたものです。
[PR]
by minoru_mogi | 2010-07-11 22:00 | 随想 | Trackback | Comments(0)