人気ブログランキング |

山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

虫の音(声) No197

 昨年の夏はセミが多く、その声は降るほどのやかましさでしたが、今年はニイニイゼミの出現も遅く、アブラゼミの暑そうな声も少なくて、数日前にやっとヒグラシの声を聞いて、懐かしく思うほどにセミの声が少ないのです。

d0059661_1641615.jpg
  ミンミンゼミ
色々な虫の音(声)に季節を感ずるのは、日本人独特なものとして知られているようです。
我家の庭でも夜コオロギの声が昨日から聞こえだしましたが、お盆のころからエンマコオロギが鳴きだすと、涼風が吹くころとなってきます。また、秋口にはカネタタキが部屋に入ってきて天井などに止まり「チン・チン・チン・・・」と澄んだ音を響かせます。でも、騒々しいのは夜樹上で鳴く中国からの帰化昆虫のアオマツムシです。
 研究者の話では、虫の声を私達は左脳で受け入れ、言葉として認識していますが、欧米人は非言語脳である右脳でとらえ、単なる音としてとらえているそうです。
マツムシの「チンチロリン」という声と、スズムシの「リーン・リーン」という声を、日本人は聴き分け、そして楽しんでいます。しかし、欧米人にとっては、どちらも耳障りな雑音でしかないというのです。
 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は日本の虫売りの起源を夢中になって探る程、虫売りに無類の関心を示したそうです。松江市にある小泉八雲記念館には、八雲が使ったとされる虫籠が展示されており、「虫の音を理解する日本人こそ、美的感覚の優れた民族である」と語り、ギリシャ人を母に持つこの帰化人は「虫の音を理解するのは日本人とギリシャ人だけ」と言っているのです。
 江戸時代にはコオロギ・マツムシ・スズムシ・ホタル・を売る虫売りが街を売り歩き、その音を楽しんだ後、お盆の頃には飼っていた虫を放す風習があったそうです。
それを「放生(ほうじょう)」と言い、殺生を戒めていたそうです。田舎の菩提寺の方丈さんが7月のお盆の折に来宅して持参された小冊子にこの内容が記されていました。
私が小学生の頃、昭和20年頃には天秤棒で前後に桶を吊るした金魚売り、リヤカーに飾ったノキシノブと風鈴の引き売り、キリギリスを竹かごにいれた虫売りがまだ見られたのです。
by minoru_mogi | 2008-07-29 16:53 | 動物・昆虫・その他 | Trackback | Comments(0)

忍野のホタル観察会 No196

 7月の21日より、山中湖のホテルでホタルの観察会を催すとの情報を知り、ここ30年近くホタルを見る機会が無かったことを思い出して急遽出掛けました。折りしも、週末には梅雨明け宣言も出て暑い日が続き気分転換もしたい意味も有ったのです。
 ホテルの夕食を5時半の早番で済ませましたが、なかなか暗くならず、加えて標高1000m
近いその場所では周りに霧が立ち込めてきました。
7時半にホテルのマイクロバスが入り口に用意されて30名近い人たちが集まりました。
早々に乗り込もうとすると、案内の人が「昨日はあまりホタルが出なかったので、もしかすると今夜も見られないことがあるかもしれません」と万一の落胆を懸念し念を押されました。
忍野村へはバスを15分くらいで着き、街灯が全く無い水田の方へと進みます。水田の広がる一角で車を降りて少し歩きます。進んでゆくと蛙の声の大きく聞こえる田んぼへと近づき、そこでは蛙の合唱です。
d0059661_2250336.jpg

                   暗闇の中のホタル観察会
案内人がこの辺りに見える筈ですと言い、懐中電灯を消しました。すると、やっとポツリ、ポツリと薄明るい光が田んぼの上2メートルくらいを点滅しながら動いているのがわかります。
田んぼの畦道で動かずに光っているのもいます。殆どの飛んでいるのがオスで、動かないのがメスなのだそうです。更に田の脇の草むらへと入ってゆくと、その下の田んぼの上にも幾つもの光が見えます。そして、その中の一匹が私のズボンに飛んできてとまりました。ここのホタルは全部平家ボタルだそうで、体長12ミリくらいとかで、源氏ボタルのような目立つ明るさのものではありませんでした。
暫くの間、皆で「ココニモイルヨ、アソコニモトンデイル」と子供たちが声をあげていました。30分程の観察会でしたが、30年近くも前に、我家の小中学生の子供と道志川でキャンプをした時以来のことであり、童心に返っての時間を楽しみました。
聞いたところでは、この周辺の田んぼでは農薬の使用を避けて稲を育て、この環境を守っているとの話でした。きれいな水の忍野にはこれからも更に多くのホタルの発生を期待したいものです。
by minoru_mogi | 2008-07-22 22:56 | 動物・昆虫・その他 | Trackback | Comments(0)
 ここ数年、夏になると毎年最高温度40度を超えた都市として、館林や熊谷がニュースにのぼる。しかし、私が中学生時代を過ごした館林は決してそれ程際立って暑い所ではなかった。市街地の周りは田んぼや畑であり、工場などは殆ど無い静かな田舎町で、東京の北70キロに位置する地であった。
 中学時代(今から50年以上前であるが)の夏休みには町より7キロほど北の佐野市を流れる秋山川に仲間と泳ぎに行くのが常であった。その頃、夏休みの宿題の日記にその日の気温を調べて書いていたが、いつも31度か32℃であり、35度を超える日など殆ど無かった。
d0059661_1591858.jpg

砂利道の県道を自転車で小1時間かけて出掛け、土手の斜面に横倒しに置いて、川幅15m、深さ1.5m位の川で泳ぐのである。泳いで遊んでいると北に見える山の上に入道雲が湧き上がってくる。それがぐんぐんと高くなり横へと広がりだすと、その雲がだんだんこちらへ流れてきて遠くから雷鳴が聞こえ出す。この雷鳴が聞こえる前に川から上がり慌てて町へと戻るのだが、時々雷雲に追い着かれて夕立に見舞われることも多かったが、その雨も直に通り過ぎていった。
この夕立の襲来はいつも4時から5時頃にかけてのことであり、一気に涼しくなった夕刻は気持ちの良い時間であった。しかし、この館林では夜二度目の雷雨があることが多かった。
夕食後8時頃になり赤城山や日光山地で発生した雷雲が襲来し、こちらは雷鳴と落雷も凄く、それが過ぎるといつも気分が爽快になったものである。
 昨今、これらの町が暑くなったのは、東京市街地の都市気候で熱せられた気団が、日中の海風により関東の北部へと運ばれることにより、館林や熊谷の高温が出現したのではないだろうか。
by minoru_mogi | 2008-07-11 15:13 | 随想 | Trackback | Comments(0)
 登山の折にカメラかスケッチブックをザックに収めたいと思っても、重量を減らすために外さざるを得ないことが時々あり、その山で絶景に出会ってもただ眺めてくるだけで記録出来ないことが何度もありました。
その中で、今でも一番感動した素晴らしい光景は、大町から黒部川の源流地点である雲ノ平に単独行でテント5泊6日で出掛けた時に、三俣蓮華より見た槍ヶ岳から北鎌尾根の姿でした。
d0059661_22255861.jpg

スケッチを描いているとよく言われることに、写真を撮ってあればそれからスケッチが出来るでしょうと云われますが、これは全くといって描けないのです。素晴らしい景色に出会い、感動したことでそれを描きたいという意欲が湧いてくるのです。写真にはその感動が欠けており全く筆が進みません。
 最近、私の知っている若い人が昔の私と同じように独りでテントにてこの雲ノ平を縦走した話しが、彼のホームページに画像入りで載っており、全く同じ時期に三俣蓮華の山頂から槍ヶ岳とそこから伸びる北鎌尾根の姿が出ているのです。そこで、すぐにその画像をプリントアウトしてそれを元にスケッチを始めました。描いているとその時の登りの苦しさや、残雪に粉末ジュースを入れて食べた氷の美味しさまでが蘇えってきます。この光景の中の異様な硫黄岳の黄色い岩肌の色も記憶に良く残っています。
d0059661_22265060.jpg
今では全く行くことが出来ない雲ノ平ですが、私が登った山の中では一番感動に溢れている山なのです。その感動がこの写真からスケッチを描く意欲を湧き立たせてくれるのです。
by minoru_mogi | 2008-07-04 22:29 | 歩いた山 | Trackback | Comments(0)