山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2014年 04月 08日 ( 1 )

 良く晴れた月曜日に上野の東京国立博物館に埴輪展を見ようと出掛けたところ、定休日とあり閉館中でがっかりです。でも、上野広小路から上野公園の中をゆっくりと歩いてゆくと、もう散ってしまったと思われた桜の花がかなり綺麗にまだ残っており、山吹の花やシャガの花が樹下に咲いており、散歩には快適な季節です。行きには東照宮の前を通り、博物館へと行きましたが、行き着いてやっとお休みに気づきました。
帰りは噴水の広場を来ましたが、沢山の人々がベンチや噴水の端の石に腰掛けてのんびりしています。
その傍らにはアンデス地方の民族衣装を着けた5人のグループが「コンドルは飛んでゆく」を音量豊かに演奏して、人々にアピールして自分たちの音楽CDを買って貰おうとしています。しかし、この目論見は外れてしまつたようでした。直ぐ近くでヨーヨーの3人のパフォーマンスが行われていて、プロ並みの演技に人々が集まっていました。
d0059661_1561972.jpg

公園中央の動物園入り口近くに来ると、桜の並木にはまだかなり花が咲いています。この木下にはブルーシートが拡げられており、そこには数名の場所取りの若者がたむろしており、夜桜見物に備えておます。まだ咲いている桜の下では沢山の人達がシートの上で花見を楽しんでいました。その光景を外国人の人が写真に撮っている光景にも出会いました。東照宮では早くもボタンの庭園の花が公開されており人々がそちらの方へと行きますが、私は博物館が閉まっていたガッカリ感が強く、足が向きませんでした。そのまま散りかけた桜見物をして広小路へ降りて行きました。
今年の桜見物は今回が初めてでしたが、休館日に出掛けたことが半年に2度ともあり、老化現象が進んでいるのではと少し落胆して家に帰りました。
[PR]
by minoru_mogi | 2014-04-08 15:07 | 随想 | Trackback | Comments(0)