人気ブログランキング |

山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

柚子の実 No213

 最近は初めて目にする柑橘類の種類やリンゴの名前が多く、出来るだけ試しに購入して食べてみるが、八百屋さんに何と何の交配されたものか尋ねてもなかなか判然としないものが多い。ミカン類やイチゴ類の中にはその県で栽培されたものだけに付けられる名称もあるので、いよいよ紛らわしい。
 過日、ハイキング計画の下見に出掛けた折に、あきる野市(旧秋川市域)の里山へと向い歩いてゆくと、一軒の庭先に今までに見たことも無い大きな柑橘の実が成っているのを見つけ、その大きさには驚いた。更に行くと或る八百屋の店先に葉のついたその実が棚に飾られている。店先で働いている奥さんに尋ねると、それは「シシ柚子」であると言う。そして売り物ではなくてただ飾っているのだと言い、他にムべの実が数個並んでいた。
d0059661_21313731.jpg
売り物であれば買って行くつもりであったが、売るわけにはゆかないと言う。しかし色々とその実について聞いていると、近くの知り合いにこの樹があり、もしかしたら分けて貰えるかもしれないと言い、そのお宅へと行ってくると出ていつた。暫くすると飾ってあったものと同じ実を一つ手にして戻ってきた。
それを購入したいと話すと、分けてくれたお宅の方が、売り物として渡すのではなく好意で提供してくれたと言って、私たちに手渡してくれた。あまりの厚意にどう応えようかと考えたが、金銭は受け取らないので全く安いすぐきを買うことにした。その食べ方を聞くと今度はその自宅用に三杯酢に漬けた薄ピンクのすぐきを試食させてくれて、その作り方を教えてくれたうえに、その一部をビニールの袋に入れてくれた。
 お礼を言ってほのぼのとした気分でその先の里へ出ると、広い敷地の家々には各戸に土蔵があり、庭先には鉢作りの大菊が飾られ、この辺の方は裕福で心豊な人々が多いのであろうと推察した。秋川の堤防沿いに歩き、川面に遊ぶマガモの群れやコサギの見える河原で昼食のオニギリを楽しい心で分けてくれた漬物をつまみながら3人で頂いた。
 帰宅後、インターネットでこのシシ柚子を調べてみると中国からの渡来品種であると書かれていた。他にも柚子の実には仏手柑(ぶしゅかん)などの形の変わったものもあるが、こればかりは私も初めて目にしたものであった。
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/8973140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 調  博子 at 2008-11-27 19:07 x
シシ柚子の実物を例会で見せたら、皆さんも驚いてましたよ。暫く自宅の玄関先の冷えた所に飾っていると、訪問者が一度はびっくり!します。良い香りでしたがが段々日が経つうちに軽くなりるーちゃんが手でコロコロして遊びだし、コロンと落下!!急いで篠原さんと相談して、柚子ジャムを作ろうという事になりましたが、と皮の分厚い事と言ったら・・・中の薄皮が3センチほどもあり、それを剥がして外の皮を、レシピに添って昼過ぎから、煮始めました。コトコト、コトコト。。数時間煮続けたり、火を止めて煮含めたり・・・中々手ごわい相手です。さてどんなものが出来上がりますか?お楽しみに。
ふくめ
by minoru_mogi | 2008-11-25 18:06 | 樹木とその花 | Trackback | Comments(1)