山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

浜離宮恩賜公園 No202

 今年の残暑では山への興味は全く湧かないので、水辺の方へ足を向けることにして、浜離宮へと出掛けてみた。8月末に都内の特別名勝大名庭園の詳しい歴史の話を聞いて、その中で私が今までに唯一訪ねていないこの園をかねがね行きたいと思っていた。
しかし、私自身では以前この庭園を訪れていたとばかり思っていたのである。それは、浜松町駅を下車して東側に位置する「旧芝離宮恩賜庭園」をかなり以前にアメリカ人女性を案内して訪れたことがあり、正確な庭園名を確認していなく勘違いしていたのである。
地下鉄の大江戸線「汐留シオサイト」で降りると、そこの広大な地下駅のコンコースでどちらへ出たら良いかなかなか分からずやっと地上へと出ると、そこには電通の個性的な形の高いビルが聳え立つコンラッドホテルの前に出た。園はそこから7・8分で着いた。
石垣のある大手門から園内に入ると実に広い。その汐入の池越しの背景には高いビル群が並んでいる。
d0059661_14402554.jpg

園内には300年を越える松の木や、吉宗ゆかりのトウカエデの大樹が池の周りに繁り、涼しい木蔭を作っている。池の中の御茶屋には御台様も休んだという建物が復元されていた。

d0059661_14414724.jpg
→ 園内の大きなサンゴ樹 実がびっしりと付きサンゴの色をなしている
園内を大半巡り船着場へと来ると、そこへ丁度浅草より水上バスが来た。ここで急遽予定を変更して、これ幸いとこの船に乗船し、日の出桟橋を回ってから浅草へと隅田川を遡ることにした。日差しの強い日ではあったが、川風が心地よく40分ばかりで浅草の桟橋に着き、残暑の日ではあつたが有意義な1日を楽しむ事が出来た。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/8566221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hi-kanai at 2008-09-08 08:42 x
ご無沙汰しました、我が家を訪れる人たちは、見事な鷺の乱舞を称賛してくれます。ありがとうございました。
一本の花茎に三羽の鷺が咲いているのは何とも見事だと、自画自賛しています。
by minoru_mogi | 2008-09-06 14:44 | 随想 | Trackback | Comments(1)