山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

奈良の素晴らし人達 No697

 私は歴史の話しにはかなり興味があります。特に縄文時代、弥生時代、古墳時代あたりが面白く、まだ判らないことが多いので、それ故に自説を言える楽しみがあります。

 以前仕事の折に日本人が着ていた繊維史について調べてみようと思い、特に紙の衣料「紙子」について熱心に調べてみました。

その中で奈良東大寺では1235年もの間、昔のまま「お水取り」の行の中で使用されていることを知り、現在ではそれに使う紙は宮城県の白石市で作られていることが判り、その紙を作る遠藤紙工を訪ねてみました。

同じ頃、仕事の関係で奈良にある紳士靴下の工場を見に行きました。仕事が早く済んでその会社の60歳代の社長さんが「奈良で見たい所が有ったら案内しましょう」と言います。

そこで、奈良橿原市の「今井町」で環濠集落と江戸期の家屋群を見たいと言うと、「今迄何十人となく百貨店の人が来たが、『今井町』と言った人は初めてだ」と言い、それならばと自分で今西家などを案内・説明してくれました。

そして東大寺の話となると「そうだ、我が屋は東大寺の講中であると言い、「ここ数年お水取りの行事に行っていないので、是非宿坊に泊まって見に行きましょう」と私を誘ってくれました。そして奥様と3人でお水取りの日に出掛けました。

d0059661_18544987.jpg
             平城京第二大極殿跡より春日山を眺める

そんな訳で、あの有名な奈良東大寺の春の行事のお水取りの行を二月堂の中で初めから終わりの朝4時まで一緒に見ることが出来ました。また、別の機会には当麻寺の宿坊にも泊まる機会を作ってくれました。

 その後、定年になり仕事を離れて暫くして、私と家内と共に仕事をしていた相模原の女性が、奈良の人と結婚して明日香村に住んで、そのご主人とも一緒に仕事をしたことがあり、家内の友人の女性と3人で明日香村へその家に泊まりで訪問しました。そして高松塚古墳、飛鳥寺、岡寺、甘樫の丘、亀石、石舞台、持統天皇陵、等を車で回つてくれました。翌日は私は一人で山之辺の道を桜井より天理まで一日歩き、昔の時代を偲びました。

その様な訳で奈良については興福寺、東大寺、正倉院、春日大社、唐招提寺、薬師寺、岩船寺、浄瑠璃寺等も何度も訪れています。これには堀辰雄の本を読んで訪ねたいと思った寺院もあります。

 そして、今年の春の奈良への旅では、以前仕事の折に有力な取引先であつた奈良在住の2代目の社長T氏が、今年仕事を退いたとの連絡を受け取り、もし奈良へ来たら一緒に食事をして昔の話もしましょうとのお誘いがあり、私は丁度名古屋と奈良への旅行を計画していたので、これを機会に奈良でお会いすることにしました。

4月19日に近鉄で京都よりT氏のお住まいのある学園都市駅に昼近くにつきました。すると丁度T氏が駅に出向いて来ており、二人で駅近くのお宅までほんの少し歩きました。そのお宅は敷地も広大で立派な鉄の鋳物の扉があります。「この扉を見て下さい」と言い、確りと見ると、何とそれは薬師寺の五重塔の上にある飾りの水煙を鋳造したものでした。

「これは私が注文して作らせた物です」との説明にうなずき納得です。お宅の庭園の2本の松は素晴らし姿で、立派な庭師が手がけたものでしょう。

二人で近くの和食店に昼食で寄り、次に秋篠寺へと向かいました。そこは静かな寺で、庭園の苔が素晴らしく、伎芸天像は薄暗いお堂の中で際立つ美しい顔を見せています。

その後、先年平城京址を見た折に、時間が無く立ち寄れなかった平城京址資料館と第二次大極殿跡、遺構展示館を一人で回りました。

その日の夕刻、今度はしょうぶ駅前のイタリアンレストランで4人編成のジャズバンドの入っている店で、開店7周年のお祝いの席にT氏と二人で6:30から9:30まで美味なワインとイタリアン料理を楽しむことが出来ました。あまりの偶然の歓迎に感謝ばかりです。

翌日は奈良公園の国立奈良博物館の春日大社展をゆったりと見て、夕刻には八王子へ戻りました。

私にとって奈良は何時も素晴らし人達に会える夢の古都なのです。


[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/26764983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by minoru_mogi | 2018-05-08 18:58 | 随想 | Trackback | Comments(0)