山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

歩道脇の花壇  No347

 35度以上の暑さが続く毎日なので、都内の博物館に行きたいと考えていますが、なかなか出掛ける決心がつかないでいます。その様な訳でブログの記事に事欠いているのが実情であり、行動力が足りない自分を見つめ、好奇心の足りないことを残念に思っています。
 以前にも記したことがありますが、私は家近くで歩道の街路樹の下や空き地の雑草を取って、花を植え込むことに努力しています。
d0059661_11574440.jpg

その新しい植え込みの成果があり、きれいな花の植え込みが出現し、夏の花が今を盛りと咲いているのです。この空き地には5月に我が家の庭よりオイラン草と川原ナデシコを入れ、それだけでは淋しいので玄関前に咲いているマツバボタンと同じ種類のポーチュラカの枝を切り、挿し芽をしておきました。その場所は歩道のアスファルトの脇なので乾きやすく、普通の花では水不足で枯れてしまうことが目に見えています。そこで、その家近くの一人住まいの奥さんにお願いして、乾いた土に水を撒いてもらうように頼んでおきました。しかし、毎朝10頃にそこに行ってみると、土は完全に乾いており、私が家からじょうろを持参して水遣りをする日が多くありました。
その甲斐有って、挿し芽から良く根付いて2ヶ月で大きく育ち沢山の花芽が付くようになりました。晴続きの毎日には、いっぱいに色とりどりの花を咲かせています。8月は花の少ない季節ですが、私の植えた花の選択が上手くゆき、この先2ヵ月くらいはこれらの花々が咲き続けることでしょう。またこの花々の種子が来年も発芽して更にきれいな花が期待できそうです。
道行く人々が花を楽しんでくれればありがたいのですが、時折犬を連れた人が注意不足で、犬が花を荒らしてしまうのが心配になります。
花は心のゆとりとなり、人々が幸せな気分になってくれれば本望というところです。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/14345421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by minoru_mogi | 2011-08-14 11:58 | 樹木とその花 | Trackback | Comments(0)