山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ハルビン学院と杉原千畝  No312

 昨年来、私は大学の図書館にてソビエトと日本の戦前から戦中の両国関係についての本を中心に読んでいます。先ずシベリア出兵のことです。我々が高校時代に習った日本史では、シベリア出兵は大きな事件としては書かれておりません。単にアメリカやイギリス・フランスと共に出兵した事だけが書かれています。次にノモンハン事件についても、以前に読んで見ました。事件というタイトルですが、実際はソビエトとの戦争であり、日本軍は大きな損害を被ったものであり、その内容を軍部が事実を隠してきたものと言えるようです。
d0059661_10272566.jpg
 今回、新潮社の「満州の情報基地、ハルビン学院」芳地隆之著を読んで、意外な事実を知ることが出来ました。
満州国ハルビンにおいて1920年(大正9年)にロシア語を専門に学習する学校として「日露協会学校」ができて、ロシアとの通商を担う人材を育てるべく、朝鮮人・中国人・モンゴル人にも門戸は開かれていました。その学校は1933年(昭和8年)に「ハルビン学院」と名称が変わりました。初期の日露協会学校では白系ロシア人の家庭に長期滞在する制度もあり、そこの教師は白系ロシア人でした。
しかし、双方の通商も1937年(昭和12年)になると激減して、ハルビン学院の卒業生が通商の場で活躍する機会がもはや失われてしまいました。そしてその頃より学院の目的が変わってきました。ハルビン学院は1939年(昭和14年)に満州国国立大学になり、そしてソ連情報を収集するエキスパートを育てる教育機関とみなされるようになりました。
 杉原千畝は1920年(大正9年)にハルビン日露協会学校の第1回生として、外務官僚より特別枠で学籍を置き、1923年(大正12年)に卒業すると、ハルビン総領事会に勤務し、1929年(昭和4年)から日露協会学校でロシア語の非常勤講師として授業をおこなっています。
その頃彼はロシア人のクラウディアという女性と結婚して1924年から1935年に亘り結婚生活を送っています。そしてその女性はユダヤ系のロシア人でした。当時のユダヤ人は世界で1100万人であり、600万人がロシアの国籍を持っていたそうです。
彼はその後離婚して10歳若い日本人を再婚しました。
彼がユダヤ人6000名近くを(正確な人数は不明)救ったことは、有名な事実ですが、この折にユダヤ系ロシア人女性と結婚していた事実は大きな意味があったものとも推察できます。
この本は読み終えたならば満州生まれの大学の友人に送り、是非読んでもらいたいと思っています。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/12389918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Robert Matsuo at 2016-01-03 13:03 x
Your story is very interesting especiallly to know that Mr. Chinari Sugiura was first married to a Russian jewish woman for 11 years. I know Mr. Sumiura has a son who attended a Jewish museum opening ceremony in Dallas, Texas years ago. Do you know if he had any child from his Russian wife?
by minoru_mogi | 2010-11-30 10:29 | 随想 | Trackback | Comments(1)