山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

しおれたホウセンカ No294

 今日よりいよいよ関東地方も梅雨明けとなった。
小学校と幼稚園に面した道路の歩道沿いの街路樹の下に、今年もホウセンカを育てている。
昨年は家で育成したホウセンカを移植したので、根が十分に張らず晴天の夕方には水切れを起こして、犬の散歩の折に2リットルのペットボトルの水を撒いて夏を過ごさせた。
今年は種よりその土地で育てたので、よく根が張って大丈夫とと思ったが、夕方に行って見るとやはりしおれていた。
d0059661_22295848.jpg

そこで、明日よりは水遣りを昨年と同様にやることにした。しかし、その花の周りは雑草が茂ってきて大変見苦しい。その道沿いの雑草を取ろうと思うが、昨年は一緒にやってくれた
近所の年配の女性が、先日会ったところ、今年は体の具合が悪く入院もしたとの話である。
今年は私一人でその街路樹まわりの雑草をとることにしたが、とても4・5日やっても出来る量ではない。明後日からかかろうと思うが近所に人が誰か手伝ってくれないものかと思う。
草取りをしていると「ご苦労さま」と声をかけてくれる人までは時折いるが、一緒にお手伝いしましょうという人はなかなか出てこない。
是非とも応援を得て町内を花で美しくしたいものと思っている。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/11565496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by minoru_mogi | 2010-07-17 22:31 | 随想 | Trackback | Comments(0)