人気ブログランキング |

山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

佐渡シャクナゲ No289

 我家の庭には日本シャクナゲの種類がかなり沢山あります。
南の方から挙げると、台湾種で強健な赤星シャクナゲがあります。これは樹高2メートルほどですが花芽を250以上今年は着けました。花柄取の折に数を数えてみたものです。
九州の屋久島の宮ノ浦岳の山の上に咲く屋久島シャクナゲ、九州の山に咲く筑紫シャクナゲ、奈良県の山奥に咲き、室生寺に咲くので有名な大和シャクナゲ、滋賀県を中心とした山に咲く細葉シャクナゲ、伊豆の天城高原に咲く天城シャクナゲ、福島県の山に多く、我家のそれは瑞垣山からの吾妻シャクナゲ、そして日本海の佐渡の山に咲く佐渡シャクナゲです。
 実はそれよりも北の地方に生育する早池峰シャクナゲ、礼文シャクナゲ、八ケ岳の黄花シャクナゲも一度育成を試みたのですが上手くゆかず、やはり夏の暑さが原因と考えられます。
d0059661_1157385.jpg

佐渡シャクナゲの特徴はとても背が低く、1年に伸びる枝も5・6センチなのでとてもコンパクトに育てることが出来る点にあります。葉の幅が広く美しいのですが、枝が折れやすいのが最大の欠点です。
ここ数年、毎年花芽が着きましたが、花の時期の直前に花芽だけが枯れて落ちてしまう年が続きました。ところが、今年は5月末にもなってやっと花が咲き、それも実に立派な多花の花を見せてくれました。多分、今年の5月は寒い日が多かったことが幸いして、気候がシャクナゲに好ましかったのだと思われます。普通他のシャクナゲは4月20日前後に咲き揃います。
今年は久し振りに美しい姿を見せてくれたこの花を、ゆっくりと愛でています。
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/11252460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by minoru_mogi | 2010-06-05 11:58 | 栽培山野草 | Trackback | Comments(0)