山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

鶴見総持寺への初詣 No269

 この正月3日、晴天の穏やかな日に総持寺への初詣に行ってきました。
今年私は年男ともなるので何処かへお参りに行こうと考えましたが、近くの高幡不動や高尾山薬王院、また府中の大国魂神社などが頭に浮かびましたが、あまり変哲が無いので、今まで行った事がない寺へと考えた訳です。 この寺は鶴見駅から大変近く、山門までは10分と掛かりませんでした。
既に正月3日目となると初詣として寺へ向う人々はそれほど多くはなく落ち着いておりました。山門を入ると参詣客相手の露天商がその両側に並び、賑やかな掛け声もしています。
d0059661_2236214.jpg

久し振りにお祭りの懐かしい思いがよみがえります。ゆっくりとなだらかな丘を進んでゆくと大きなお堂の屋根が見えてきます。その敷地は10万坪近いとの説明があり、その全体が見えるところに出ると、私には一昨年に京都でみた東福寺と良く似ているなとの印象を持ちました。しかしそれには大きな違いがあり、東福寺のお堂は皆木造の大建築物ですが、この寺のお堂はコンクリート製のいかにも頑丈な建設物が殆どです。
しかしお堂の前の庭が広く良く手入れされており、かなりの参拝者がおりますが込んでいるという印象は全くありません。本堂でお賽銭を入れて手を合わせて今年の健康と平和を祈りました。
子供の頃幼稚園の遠足でこの地の京浜急行花月園よりの遊園地花月園を訪れたことを思い出し、その池には確か白い鴨がいたのがまだ記憶に残っており、懐かしい昔を思い出しながら帰りの坂を下りました。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/10650428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 多河敏子(東京八王子クラブ) at 2010-02-02 19:59 x
総持寺は昨年11月都の教職員短歌会の吟行会の場所でした。責任者でしたので、下見2回と本番とで3回行きました。400円で若い雲水の人が中を案内してくれますが、なかなか良かったです。下見の帰り初めて川崎大師に行きました。茂木さんの記事を懐かしく拝見しました。
by minoru_mogi | 2010-01-10 22:38 | 随想 | Trackback | Comments(1)