山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンゴの大敵 No250

 以前、我家の庭に暑さに強い群馬県の農事試験場が作出した「赤城」という品種のリンゴの樹を植えており、秋には10個くらいの実を付けたが、害虫が樹についてしまい収穫はほとんど出来なかった。
d0059661_11565893.jpg
その最大の敵はゴマダラカミキリ虫である。この虫は樹の中に進入してその樹皮から食べた木屑を毎日押し出してくる。殺虫剤を注射器でその穴に注入したが、さほどの効果は上がらずに、数年を経て幹は穴だらけとなり、樹勢が衰えて枯れてきてしまい伐ってしまった。
 実は、家内の里にはリンゴ畑があり、200本近い樹に立派なサンフジが成り、毎年11月にはその収穫のお手伝いに行くのが恒例となっている。
今年の5月にその地区一帯に雹が降り、大きくなりかけてきた果実に大きな傷痕がついてしまい、秋の収穫にも傷の無い実の出荷が期待できないとの話を聞いていた。家内が田舎へ出掛けた折にその様子が判るリンゴを1個持ち帰ってきた。この実を見た時に雹の被害がこれ程までに酷いのかとまざまざと知らされた。
d0059661_11574655.jpg

実の大きさが伸びるに連れてその傷痕が目立ってきていると言う。その地区の畑は皆リンゴに限らず大被害を受けたとの話であった。
昨年の秋の収穫では、芯食虫の被害も例年になく少なく、鳥の食害はかなり見られたが、全体としては果実の数も多く豊作であったのと比べ、あまりの落差に驚いた。
しかし、今年も収穫のお手伝いには行くことになるが、大半の実はジュースの原料などに回され、生食用に出荷出来るものが僅かでしかないであろうと心が痛む。
食料自給率の向上が問題視されているが、農業の大変さを実感する話である。
[PR]
トラックバックURL : https://onkuru.exblog.jp/tb/10155573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 調  博子 at 2009-09-29 19:15 x
茂木ブランドの美味しいりんごが、こんな事になってるなんて!残念至極です。自然の恐怖をかんじました。 でも美味しい味は変わらないことを願います。
by minoru_mogi | 2009-08-28 11:58 | 樹木とその花 | Trackback | Comments(1)