山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 青森と秋田へは定年直後の旅行で、19年前に三内丸山、十和田湖、八幡平、鹿角、岩木山、小岩井などを巡りました。しかし、日本海沿いの海岸線は見たことが無かったので、今回、青森から秋田まで五能線に乗ってみました。五能線とは五所川原から能代までを言うことを直前に知りました。

8:10分に青森駅を出た4両編成の列車は、弘前を経て五所川原へと向かいます。その近くになると沿線はりんご畑が続き、収穫前のフジがたわわに枝に生っており、車内からとれそうな近さです。私が知っている長野県のりんご畑は、樹が一直線に並んでおり、そこに針金の支柱が立ち、樹高は4メートルくらいあります。それに比べてこの青森のりんごの樹は低く横に枝を伸ばし、その樹は並んではいません。また。樹は大きなものが多いようです。

この日は朝8時頃まで雨が降っていましたが、9時頃より少し空が見えてきました。五所川原では青空が広がり、車窓からは岩木山が良く見え、その中腹まで黄葉が降りてきています。少し驚いたことには稲がまだ刈り終わってないことで、関東では殆ど刈ってありました。稲の黄金色と岩木山の黄葉は大変美しい景色でした。


d0059661_13302095.jpg

  岩木山

この列車は「しらかみ2号」の急行ですが、単線区間でもあり停車駅も多く、鯵ヶ沢や十二湖駅などにも止まります。車内は乗客も割合に少なく、定年退職旅行と見られる夫妻や台湾からの若い4人連れ、外国人の夫妻、他は3040人ほどの日本人でした。車内で津軽三味線の二人による演奏もありました。団体客が途中で乗り込みどっと降りたのは十二湖駅でした。そこからは白神山地へ行くようです。時間と日にちが有れば是非寄ってみたい場所でした。


d0059661_13371212.jpg

   大荒れの日本海

 電車は海岸線に沿って走りますが、その日は北風が大変強く、海は大荒れであり波高は3~5メートル位はあり、その風の影響から列車は何度も止まりました。沿線には風力発電の塔がかなり沢山見られました。秋田市に近づくと黄金色の田んぼが半分程刈り取りが終わっており、風も治まり時折陽射しのある良い日和となりました。


[PR]
by minoru_mogi | 2017-10-19 13:39 | 随想 | Trackback | Comments(0)

 以前、約20年前にまだ発掘中の三内丸山縄文遺跡を家内と共に見学に訪れたことがあります。その時は発掘された出土品はまだあまり良く分類されておらず、バラックの様な簡易展示場で土器、石器、矢じり、石槍、土偶、などと共にヒスイの飾物などを見ました。

その時はまだ敷地内で多くの中年女性や男性が一箇所で腰をかがめて地面の発掘に携わっていました。そのすぐ横には青森県が進めていた野球場のコンクリートの観客席が半分出来かけていたのです。

しかし、この遺跡がどれ程大切な物かが分り、野球場工事が中止となり、今回みると全くその跡が残っていませんでした。

残念なことに今回訪れた10月11日は雨の寒い日であり、新青森駅を降りるととても寒く、13度であり、タクシーに乗ると暖房が入っておりほっとしたものです。

遺跡に着くと直ぐ前に立派なコンクリートの2階建ての大きな展示館と併設されたレストランがありました。驚いたことに同館の入場料は無料であり、ロッカーの使用料も同じでした。
丁度
1330からボランティアガイドによる説明があるとのことで待っていると、そこに若い女性のガイドさんが現れました。当日は雨でもあり入場者は極めて少なく観光バスは全く止まっていませんでした。


d0059661_16241284.jpg


ボランティアガイドの女性 左

私は色々な所でボランティアガイドの方々の説明を聞いていますが、ほとんどの所で定年リタイア後の人達ばかりでした。今回は20代後半の若い方でラッキーと思っていましたら、一緒にそれを聞く方がやはり若い女性でした。

20年前に来た時と異なっている追加された新しい施設は、土器を集中して捨ててある場所の展示施設と、子供を土器に入れて埋葬した展示室でした。

遺跡の6本の大木の古代モニュメントはいまだその目的は分りませんが、今は日本国内にはこの様な大木は見つからず、ロシアのソチから運んできたものだそうです。その直径は1メートル以上でした。この遺跡は5500年前頃から始まり、4500年前頃にピークとなり、その頃約100戸の竪穴住居があり、500人ほどの住人がいたと推定されています。当時は地球の温暖期であり、気温は今より2~3度高く、樹木も針葉樹ではなく広葉樹が中心であったのです。海水面も今より高く遺跡の近く迄湾が入っていたのでした。

新潟県のヒスイや北海道の黒曜石などが出土しており、海路での交易が盛んだったことが分っています。往時の交易の中心であったのかもしれません。

今後、もう一度行くことはないと思われますが、縄文の時代を良く理解出来る旅でした。


[PR]
by minoru_mogi | 2017-10-14 16:27 | 随想 | Trackback | Comments(0)