山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 我が家はJR八王子駅より3km程南にあり、片倉の丘陵の中ほどで標高は121mです。片倉駅は標高106mですので、15mくらい高いところに位置します。私の家から大塚山までは歩いて20分位であり、その山頂は213mあり、頂上までは150段ほどの階段がありかなり大変です。、昔は横浜に続く絹の道がすぐ近くを通っておりました。
その大塚山に暮れも押し詰まった31日の3時頃に登ってきました。お正月前後は工場等がお休みになるため空気が澄んで遠方の視界が良くなり、東京江東のスカイツリーも見えることがあるので、それを目指して登ってきました。
 
d0059661_19475927.jpg

        かすんでいますが右のほうに新宿の高層ビル群が見えます
山頂近くの東側の視界の良いところへ行くと、新宿の高層ビル群が良く見えます。しかしスカイツリーは目視できませんでした。以前はここから横浜のランドマークタワーが見えていたのですが、今は高層のアパート群に遮られてしまいました。両地区まで約40キロメートルです。
1時間ほど散歩を楽しんで家の近くに来た時に道の端の階段がある所に椿が2花咲いていました。ところがその花色を見ると今までに見たことがない紫色の椿なのです。実に美しい色なので早速カメラに撮ってきました。来春はこの枝を取ってきて挿し枝をしようと思います。来年の楽しみが出来ました。
d0059661_19484060.jpg
                                紫色の椿

[PR]
by minoru_mogi | 2014-12-31 19:55 | 随想 | Trackback | Comments(0)
 知り合いの友人が八王子の地元のスケッチ画を入れた便箋を作り売っていました。
その種類は五種類あり、高尾山、夕焼け小焼け、絹の道、滝山、と高尾山の植物画となっています。販売してゆくと良く売れるものと、そうでない物があり、かなりの数の売れ残りができてきました。そこでその話を聞いて、私がその便箋の減らすべく販売のお手伝いをすることにしました。
そして、その販売の手数料を私の所属するクラブに寄付して頂くことにしました。この収入はクラブの例会に参加してくれる中央大学の学生さん達の会でのお弁当代として充当されます。お弁当は一個600円で、例会では6・7人の学生さんが出席してくれますので、毎月かなりの出費になっていました。今迄はそれのために花の鉢植えを会で売った代金でまかなってきましたが、最近はそれも細り、我々会員の会費より支出されており、会の財政が悪化していました。
d0059661_1943481.jpg

 その高尾山の植物の原画を描いている方の名前が分かりました。その方は畔上能力(ちから)という81歳になる方でした。彼は今も植物図鑑の画を描き続けている八王子在住の方で、その植物図は繊細で実に素晴らしいものです。
その植物スケッチ画の原画を友人が私にプレゼントしてくれたのです。実に嬉しいことでした。私も高山植物のスケッチ画を描いており、その参考にしたいのですが、あまりに上手過ぎてとても及びません。
 この方の経歴は判りませんが、私とたまたま同じ大学出身の方でした。是非この方からスケッチを描くことを始めたのかをを聞いてみたいと思い、大学での講演会にお呼びすることが出来ないかと、大学のその機関に申請書を出してみました。実現すれば嬉しいのですが兎も角期待をしているところです。
[PR]
by minoru_mogi | 2014-12-20 19:46 | 随想 | Trackback | Comments(0)
以前、我が家の前のアパートにスペイン人の御主人と日本人の奥さんが住んでおり、時折路で立ち話をしておりました。それが、我が家から500mくらい離れた大きな公園に接して新築のスペイン風の飾り窓の付いた家を建て移り住みました。
今年の正月の年賀状で代々木でスペイン料理店を12月に開いた事を報せる葉書が届きました。確か、ご主人は青山学院大学で講師をしており、また、楽器のチェロを奏する方で家で数人の日本人に教えておりました。
d0059661_16393468.jpg
d0059661_164058.jpg
d0059661_16413140.jpg
d0059661_16462029.jpg 







 










その様な訳でどうしてスペイン料理店のオーナーになったのかは全く疑問であり、兎も角近いうちに店に行くことを連絡しておきました。その機会が11月にあり、代々木駅より5分の「ガウディ・ガウディ」へ行くと、こじんまりとして席数は30くらいですが、内装はしゃれており、それは奥さんのデザインであると知りました。また、その店のシェフはスペイン人であり日本語は解しません。ウエイトレスがスペイン語で話をしていました。
家内と一緒に行きましたが、近日中に大学関係のOB,OGの7、8人で会合を予定していたのですが、この店では平日は昼の食事ではコース料理を出していないのですが、特別にコースの料理を出していただきました。
すると、その内容はツナのサラダ、クリームスープ、生ハムとヤギのチーズ、サラミソーセージのセット、子牛のシチュー、しゃれたデザートとコーヒーと充実しています。シェフは吊り下げられた生ハムの豚のもも肉をナイフで一人分ずつそいでいました。お陰で料理が出て来るまでにかなりの時間があり、ゆっくりと会話を楽しむにはもってこいです。11時半過ぎよりスペイン風の時間で食べ始め、1時半近くまでゆっくりと食事とおしゃべりを、スペイン産の濃いワインをしゃれたグラスで楽しみました。
後日、7人で会食したところ、中央線沿線に在住の方は早速に奥さんと一緒に来たい話しておりました。
皆さんも機会が有ったら是非に訪ねてみてください。その折は女性と一緒に行くことをお奨めします。
[PR]
by minoru_mogi | 2014-12-11 16:53 | 随想 | Trackback | Comments(0)
 我が家の庭には7種類もの水仙が植えてあります。それらは種類毎にそれぞれ咲く時期が異なります。その中でも季節に先駆けて一番早く咲きだすのは日本水仙です。しかしこれは中国より遠い昔に日本に移植されたものと考えられ、誤って日本水仙の名が付けられていますが植物図鑑には原産地は中国とあります。
この日本水仙が今年に限って11月の末から咲き始めました。一寸驚きです。例年ですと早く咲く年でも12月末からであり、普通は1月初旬です。その理由は全く解りませんが、次々と花芽が伸びて、今では4茎の花と7茎の花芽が伸びてきています。花の少ない折なのでそれらを切り取り部屋に飾りました。
d0059661_16235974.jpg
 実はこの元の球根は伊豆の爪木崎からのもので、一緒に仕事をしていた女性が伊豆に旅行に行ってきたと言い、私に球根を2個お土産に買ってきてくれたのです。それを庭に植えたところ環境が合っていたとみえて1年毎に倍くらいに増えて、増え過ぎるので多くの方にその球根を40球くらいずつ譲りました。同時に他の種類も沢山分けたところ、別荘へ植えた方は何坪にも花が広がり咲き、その花の咲いている立派な庭園の写真を送ってくれました。この2球の球根を私に買ってきた方はその後病で若くして亡くなりました。
季節になり花が咲くとその方を思い出します。
また、庭にはピンクの花を付ける梅の木があります。貰った時は種から生えて3年目くらいの60センチ位の小さな苗でした。そのお宅の庭に生えていた梅の種が落ちて育ったものであると言っていました。それが25年も経ち根元が直径20センチもの立派な木になっています。この種類はピンクの花なのですが、実の成りが悪く木全体で例年30個程しか取れないので、梅酒を作る時には買い足しています。
 この秋の会社のOB会がホテルで催され私も出席しました。多くの人と話をして彼の同期の方と話したところ、彼がこの夏に癌で亡くなったのを聞き驚くと共に、知らずに葬儀に行けなかったことを悔やみました。その方は私が部長の時に課長として私を支えてくれ、元気印そのものでした。人生はわからないものです。
[PR]
by minoru_mogi | 2014-12-05 16:24 | 栽培山野草 | Trackback | Comments(0)