山歩きとそこで出会う花たちへの思い


by minoru_mogi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

やっと咲かせることが出来た節分草 No606

 我が家の庭では山野草を沢山の種類作っていますが、今までに何度も作ってみたものの失敗ばかりの花に節分草がありました。その節分草が今年成功してやっと咲きました。
それまでは山野草展で苗を買い育ててみましたが、毎回失敗の連続でした。同じ節分草でも外国の黄色い種類は上手く咲いて、何年か咲き続けました。原因は日光の良く当る日なたで育成したことでした。
 昨年3月の初旬に五日市の深沢に行き、そこでこの珍しい節分草の大きな群落を見てきましたが、その折にその好ましい環境が良く分かりました。そこは楓の樹の下で、日照が少ない暗いほどの場所でした。この草は石灰石のある地域にあり、その場所は秩父の奥地なのです。
その五日市の群生地で株を分けてもらい、我が家の同じ様な環境の所へ鉢に植えて埋めたところ、植えつけて1ヶ月と一寸で株は枯れてしまい失敗したものと考えていました。
d0059661_952138.jpg

ところが、2月8日にふとその鉢を見ると、2本の花が付いた芽が3センチほどに伸びてきています。その花芽は急に伸びて2月13日には5センチほどの高さで白い花に空色の雄しべで少し寂しいくらいの感じの花が咲きだしました。
また、良く見ると花の周りには人参のようなキンポウゲ科特有の切れ込みの多い葉がたくさん出てきました。その周りには昨年の花の種が落ちて、丸い双葉の芽が沢山見えてきました。この花は種からでは3~4年咲くまでに掛かります。カタクリの種から8年程ではありませんが忍耐力が必要です。やはり自然の野草は作るのが難しいものです。
庭では福寿草がはぼ同時に咲きだした黄金色の花々が15位咲いており、庭が明るくなってきました。
[PR]
トラックバックURL : http://onkuru.exblog.jp/tb/22921537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 松田周三 at 2016-02-29 09:37 x
茂木さんのブログいつも楽しみに拝見させて頂いております。今回の節分草、実に見事です。
手塩にかけられた、時間と愛情を感じます。
可憐で、かつ豪華、に驚いています。松田周三
by minoru_mogi | 2016-02-26 09:53 | 栽培山野草 | Trackback | Comments(1)